2009年06月12日

右脳と左脳

最近ちょっとあるゲームに熱中してまして…
ブログネタがないというか、更新がおろそかになってます。。。

ちょっと前までは血液型が流行ってましたが
今はドラマで「MR.BRAIN」とかやってるし
脳科学が注目されてますね。

なので、早速おまめも右脳左脳おもしろ診断してみました。
こちらのサイトでは、手を組む時と腕を組む時
左右どちらが上になるか?って事なんですが
おまめはどちらも左手が上にきます・・・
逆をやってみると本当に全然しっくりこないです。
自分でやってみてちょっとゾクっとしました(笑)
なので、「右脳・右脳タイプ」みたいです。。。

診断結果は
 『感覚とイメージで突っ走る、天才肌タイプ』
感覚でとらえて感覚で伝えるので、本人には感覚で理解できていても、なかなか人に的確に伝わらないことが多い!?ただし右脳には優れた能力が潜んでいるので、天才肌が多いとか。。。

確かに、感じた事を相手に上手く言葉で表現できないことが多いです。
「すごい、すごかった」とか本当に言ってそう(苦笑)
でも、天才肌ってのは違う気が・・・

それともう一つこちらのサイトでやってみたら
診断結果が
あなたの得点は55点です!
素晴らしい!右脳と左脳がうまくかみ合っています。あなたが考えたことを誰にでも納得させる力があります。なぜなら、あなたは右脳で全体を捉えることが出来、しかもこれを誰にでも分かるように理論付けできるからです。
まるで、あのアインシュタイン博士のようだ!

う、うそだー!!
もし、こんな天才だったら今頃もっと社会貢献できてたはずです(撃沈)

ま、あくまでもおもしろ診断ですからね。
おまめは至って平凡な人間です。はい。
しかも、数字で計算とか活字だらけの本が苦手です。。。


今まで、いろいろと習い事をしてきたおまめですが
例えば、リフレクソロジーとか着付は
短期間で覚えなければならない事が沢山あったのですが
感覚で覚えていたせいか?意外とすんなり入ってました。
着付で一緒のクラスだった人は覚えられないと言って
我が家で2回ほど練習したこともありました。
(おまめが人に頼られるのはかなり珍しい事なんですが…)
でも、おまめの教え方は
「ここはこうトントンとやって」とか
「これはシュルシュル〜として〜」とか言ってたと思います(笑)

で、おまめは現在、英語を習っているんですが…
やはり左脳が鈍いせいか、毎回すごい頭を使ってお熱が出そうです。
しかも先生は日本語が喋れないので…ずっと英語。。。
「この意味は?」って聞くと
「例えば・・・」って答えてくれるのですが
それも全部英語なので
「余計にワカリマセーン」状態になることもしばしば。。。
でも先生の自宅で1対1でやっているので、
雑談も多くていつも時間がオーバーしちゃったり楽しくやれてます
今までで、一番頭を使っているな。と感じる習い事なので
これで今まで停滞していたおまめの脳も活性化してくれるといいです。

でも、英語レッスンの行き帰りは
おまめの頭の中で英語がグルグル回っているので
気付くと違う路線の改札に入っていたり
自分のマンションの廊下ですれ違う人に
つい「ハロー!」って言いそうになって焦ります(笑)

P1000130.jpg
cheb「ボクは会った事がないんだけど先生の家には
   イングリッシュコッカーとチワワがいるんだって」





posted by おまめ at 11:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29756092
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック