2009年08月22日

No day but today

ついに観てきました「RENT」
IMG_0073 (Custom).JPG

英語の歌詞&台詞の予習の為に
何度も例のDVDを観ていたおまめですが
一人で観るたびに号泣していました。。。
一応、舞台でも日本語字幕が電光掲示板みたいので
見れるのですが、そんなの見てる余裕ははっきり言ってないです。
というか、俳優たちを観なきゃもったいない。

ぽん太も同じく予習のために自分のiPhoneに入れて
通勤中と昼休みに毎日、聴いて観ていたようですが。
「もう、レント飽きてきた」とか言い出して
しかも「台詞も歌詞も半分くらい覚えちゃった」って…
それ、観すぎじゃない?(笑)

ぽん太が子供の頃に
「風の谷のナウシカ」の映画の台詞を全部言えた
というのを聞いてびっくりしたのを思い出しました(笑)
彼はやっぱり元祖オタク??

話が反れましたが・・・
「RENT」は原作、脚本と作詞、作曲すべてを手がけた
ジョナサン・ラーソンが公演初日の未明に急死したことで
有名な作品ですが。。。
一度も上演された所を見てないわけですし
オフ・ブロードウェイだったこの作品が
こんなに有名になったことを彼は知らないと思うと
なんだか切ないですね。

やっぱり観ればみるほど「RENT」は涙無しには観れないです。
ずっと家のTVで観ていたので、
実際のライブで観た時の迫力がすごくて
本物はこんなんだったけ?と思ってしまいました。
去年は実際にブロードウェイで観たのに・・・

それとオリジナルキャストの
アンソニー・ラップ(マーク役)と
アダム・パスカル(ロジャー役)と
グウェン・スチュアートが観れたのも感激でした。
席もなかなかいい場所で
ちゃんと役者の顔が確認できる位置でした。
自分の周りにも「RENT」を知っている友達がいないので
実際に劇場に行ったらこんなにファンがいるんだと知って
少し嬉しくなりました。
いわゆる可憐なミュージカルではなくて
ロックミュージカルなので、みんなノリノリでした。

内容は少々過激ですが、知れば知るほどいろんな発見があって
深い作品だと思います。
おまめにとってはかなり思い入れの深い作品です。

それから、「RENT」にはブレイクスルーシートというのがあって
お金のない若者もミュージカルが観れるようにと
ジョナサン・ラーソンが提案したようで
当日抽選で当たったら格安で
しかもかなり良い席で見ることができるのですが
今回の日本公演でもやっていたみたいです。
いかにも、この作品らしい。

おまめたちはもちろん参加してないですが・・・
(当日二人分も当選する訳がないので…)
丁度、このチケットを買った時期が
定額給付金をもらった時だったので
我が家の定額給付金の使い道はミュージカルでした(笑)

NYでは約12年間続いた公演も終わってしまい。
ぎりぎりブロードウェイで「RENT」が観れたおまめ達は
本当にラッキーでした。
英語がちゃんと聞き取れていればもっと良かったのですが…

おまめたちが観に行ったネダーランダー劇場。
ファンたちの落書きがびっしりと壁に書かれていました。
今はどうなっているのかな〜??
rent.jpg

でも、また世界中でツアーをやるんじゃないかと思います。
機会があったらまた観に行きたいです。

There's only us
There's only this
Forget regret
Or life is yours to miss
No other road
No other way
No day but today



そういえば、初めて赤坂サカスに行きました。
帰りにシーラカンスも観て来ました!




posted by おまめ at 18:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31509706
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック