2010年05月11日

GWは映画三昧だった話

ゴールデンウィークは見事にいいお天気になりましたね。
今日は雨降ってるし、このまま梅雨にはならないで欲しいですね。

GWは我が家は何も予定がなかったのですが
それが良かったのか?悪かったのか?
GW前日に見事に風邪を引きました・・・
だから本当にご近所しかうろつきませんでした。
風邪を早く治そうと思って病院にも行ったのですが
GW中の病院ってすごい空いてるんですね。薬局も。
穴場ですよ(笑)GW中の病院。
予約制だったし初めて行った所なので
本当の所は分からないですが。。。

それで、GW中はたくさん映画を観ました。っても3本ですが・・・
あと家で録画してあったTVも見てゴロゴロしてました。

1つは「アリス・イン・ワンダーランド」観ました。
alice.jpg

これは映画館で3Dで観て来ました。
個人的な感想ですが・・・
これは期待しすぎちゃった感じが否めないです・・・
でも、映像はすごく綺麗で、目の保養になりました♪♪
3Dじゃなくても、十分楽しめる作品だと思います。
これの前に観た3D映画が「アバター」だったのと、
ティム・バートンなので「マーズ・アタック」のような
おまめの大好物な奇矯で滑稽な作品を期待してしまった。。。
ので、やはり周りの人たちが評価しているのと
同じような事を私も感じてしまいました。
でも、これはこれで好きです。
「チャーリーとチョコレート工場」みたいに
DVDまで買ったりはしないと思うけど(笑)



2つ目は借りたDVDですが
「ダウン・バイ・ロー」という昔の作品です。
DownbyLaw.jpg

これは、単純にジョン・ルーリーの出演作品を見たかっただけで
内容も知らずに観たのですが、意外と面白かったです(笑)
最初は暗い映画なのかなと思っていたのですが
ちょっとププっと笑える映画でした。
トム・ウェイツって人のしゃがれた声と歌声も気になりました。



そして3つ目は、平日に一人で観に行った作品なのですが・・・
「幸せはシャンソニア劇場から」です。
paris36.jpg

個人的には、これが一番良かったです。
1936年、大恐慌後のパリ下町のちょっと切ない話なんですが、
予告編を観て勝手に想像していたのとはちょっと違っていて
不覚にも感動して涙が止まらなくなってしまいましたよ。

昔が時代背景のリアルっぽい話もなんか良いですよね。
別に自分は生きたことはないのに、懐かしい感じがしてしまって
「ALWAYS 三丁目の夕日」なんか泣きまくっていた気がします。
これは母の子供時代の話を映像化した感じがしました。
初めてテレビが家に来た話とか(笑)
実際、母の実家が商売をしていて
若い子が住み込みで働いていたそうなので
映画とか観ない母なのでいつか見せてみたいと思います。
でも、自分も続の2作品目は観てないんだな・・・


久々に映画がたくさん観れて楽しかったです。

そうそう、TVは三谷さんの「我が家の歴史」をGW中に見ました。
あれ、半端なく長かったですよね。
豪華キャストで飽きずに楽しめましたが。
このドラマ見た後に、
ぽん太は自分が胃ガンになる夢をみたそうです(笑)
posted by おまめ at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック